« 高専大会 | トップページ | 帰宅ラン »

2006年7月10日 (月)

ジョグってる時に徳山高専陸上部のここ15年くらいを振り返って見ました。

自分が4年生までの間は、全国大会に出ていたのは、毎年1・2人。。。

5年生の時に4・5人が出場。A野くん、Y山くん、S谷くん、Y本くん・・・だったかな。

それから3・4年は中長距離を中心に5人程度が続き、

短距離にK藤クン、F永クンが現れ、800で活躍していたM上クンが400へコンバート。

K藤・F永、中心の短距離陣に上級生のM上が加わり、短距離と中長距離のバランスが良くなりましたね。

ここが一つの転機だったですね。

トラック種目はほぼ勝てる状態になり、短距離にも途切れることなくエースが出現し始めました。

リレーも勝ち始めた事もあり、全国出場者も格段増えました。

3・4年前からはフィールドも充実し、優勝候補筆頭に上げられた時もありましたが。。。

今年は中長距離・投擲は充実してましたが、短距離・跳躍系に不安がありました。

5年生のエントリー時の決断、当日の1年生の大活躍もあり、

短距離で予想外に得点できた事が大きかったですね。

今回の観戦で一番の驚きは、「1点取れなかった」と1年生が本気で悔しがっていた事です!

「1点を大事にしろ」と自分も散々言ってきましたが、1年生からそんな意識を持っているとは衝撃でした。今後が楽しみです☆

ただ、こう振り返ってみると、エースの存在が不可欠だと思います。

皆、まだまだ「大化け」出来る年齢ですし、こう言っては失礼ですが高専のレベルです。

誰でもエースとなる可能性は十分あります!エースは多いに越した事はありません。

あの世代だけだったと言われない様に、4年生以下の皆さんの健闘を祈ります!

|

« 高専大会 | トップページ | 帰宅ラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38262/2599169

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 高専大会 | トップページ | 帰宅ラン »