« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

ポイント練習は大事ですね☆今日のジョグは見違えるほど良くなりました。

再開してから少しずつ良くなってきてるのは感じてましたけど、

良くなったというレベルが違いました。

昨日のペース走のおかげでしょう(^_^;)何でもない練習でしたけど、筋肉は敏感に反応したようです(^_^;)

それだけ刺激が無かったって事でしょうけど。。。(^_^;)

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

昨日の練習会から再開予定でしたが、子供の発熱のため休(>_<)

今日、迷ったあげく3'36で8kのペース走を自宅近くでやりました。

平日に自宅周辺で一人でのポイント練習は、やろうかどうしようかと相当な迷いがあります。

なんと言ってもテンションが上がって来ませんので(^_^;)

とは言え、走り始めると集中しますのでそこそこ走れます(^_^;)

今日も予想以上のペースで走れました。

後半、落ちませんでしたが、余裕は感じられませんでした。。。仕方ないですね。

とりあえず体調がわかりましたので、今後の練習が組み立てやすくなりました(^^)

一人での練習で走れると結構自信になります。子供の熱も下がりましたし万々歳です。

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

最近、やっとジョグの感覚が良くなって来ました(^o^)ぼちぼちポイント練習に入れそうです。

兵庫リレーカーニバルのレースの動画を見ましたが、マサシ選手の走りは軟らかいですね。

力みの無いスムーズな動きで、とても1万mのラストとは思えませんでした。

陸上のアドバイスで「腕を大きく振れ」という声をよく聞きますが、

ホントに速い人の動きを見てますと、腕振りはバランスとリズムを取る事が大半で、太腿で走ってるんだなと感じます。

膝から下は、太腿の強大な力で振り子の様に振られてるだけって感じです(^_^;)

実際、世界の一流選手は太腿がすばらしく太く、脹脛はかなり細いです。(骨格等の違いもあるのかもしれませんが)

逆に足首の強さを感じます。接地した時にブレる事がありません。

その強い足首が脚の素早い切返しに繋がってる様に見えます。

今年は世界陸上が大阪でありますので、深夜2時放送なんてことにならないでしょうから、

じっくり見れそうで今から楽しみです(^o^)/

出来れば現地で観戦したいですけどね(^_^;)

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

人生初献血に行って来ました。庁内放送で「O型の血液が不足しています」と

度々流れるので、O型の大人として行ってきました。

ランナーにとって血液は大事ですから、シーズン中なら行かないですけど、

オフだし、O型だし、と言うことで行って来ました。

とは言うものの若干貧血気味でもあるので、数値が悪くお断りされるかもと、少し不安を持ちつつも検査を受けました。

看「数値は十分ですね」  自「大丈夫ですか、良かった良かった(^o^)」

看「A型ですね」    自「ん~????A型??????????」   

看「ハイ、A型です」  自「O型ではないですか???」

看「もう一度検査してみましょう。うん、A型です」 自「え~!!!???」

なんとA型でした!!!

32年間、O型として生きてきたのに、いきなりA型って。。。

よくA型っぽいO型と言われることが多く、結構気に入ってたのに、、、

こてこてのA型になってしまいました(ToT)

いままで、血液型の検査ってしたことなかったんですよね(^_^;)

1歳までの検査は母親の影響を受けやすく、あまり当てにならないとの事。

生まれた時以外に検査したことない人は、一度しておいて方がいいですよ(^_^;)

輸血が必要になった時に、違ってたら取り返しがつかないですからね。(その時も検査はされるかもしれないですけど(^_^;))

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

昨日からジョグを再開。

日本海マラソンから2週間完休し、4月になったのを機に再開しました。

ここで再開しないとズルズルと長期休暇になりそうですからね(^_^;)

とりあえずの目標はナイター陸上の5000mと国体最終の10000m。

4月はP走主体で5月からスピードを入れ始めて、5月下旬から追い込んで、

5000、10000という流れにしたいです。

その後は、福岡国際、別府大分、日本海マラソンとマラソンに3本出ようかと検討中です。

残り2シーズンで、これまでの様に走る事に追われ、走るために色々な事を犠牲にする生活は終わろうと思ってます。

後悔しないよう、2シーズン、しっかり追われて、しっかり追い込んでいこうと思います。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »