2006年3月19日 (日)

WBCに大興奮!

昨日、急遽練習を取りやめたので、今日はそのスライドでインターバル!…。やりたいけど、

自宅付近では無理なので、ショートインター代わりに坂ダッシュで誤魔化しました。

競技場は遠いので自宅付近での練習場所を何通りか持っておく事も必要ですね(^_^;)

午後からは当然WBC!元野球少年としては相当熱くなって観ています!

WBC関係のテレビでイチロー3番説が言われてる中、本当に打順変更するとは驚きでした!

周囲で言うのは気楽ですけど、実際の現場での決断は相当なプレッシャーだと思います。

「これが最強」と組んできた打順を変えるわけですから大変な事でしょう。

また、大一番での打順変更にも動じず結果を出す選手達も「あっぱれ!」ですね。

6回までは今までの試合と同様、重苦しい雰囲気でしたが、

7回の松中の2塁打、しかもヘッドスライディング&ベースへパンチ!観てる方も大興奮です!!

子どもが寝てるそばで「おぉーーー!」っと思わず声が(^_^;)

多村のバント失敗後の代打福留!これは意外でした。そしてツーラン!!

打った瞬間「キターーーーーツ!!!」とまたまた声が…!興奮が抑えきれませんでしたね(^_^;)

その後も見事な打線のつながり&継投での快勝!

今日はいい興奮をさせてもらいました。

ただ、歓声だけならともかく、「野球中継(采配)に語りかける(説教する)ようには、

ならない様、気をつけよう」と心に誓った一日でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

東京国際&ラグビー(2)

ラグビー!昨日の早稲田VSトヨタは熱かったp(^o^)q

自分は高校時代から陸上競技オンリーで来ているけど、実は大のラグビーファンでもあります。

小学生の頃から早稲田ファンでした!堀越・今泉という2大スター選手がいましたね!

大学生がトップリーグに挑み、見事に撃破という絵に描いたような展開でした。

一昔、早稲田といえばBKの展開を売りに、重量FWの明治と名勝負を繰り広げてきました。

それが今年はFWも強い!前半のモールで押し込んだトライは大興奮でした!!

その後も、トップリーグ相手にFWで互角に戦う姿は勇敢でした。

終盤の1トライ取られたら逆転されるという場面でも、一丸となってトヨタの波状攻撃を潰していました。

チャレンジャーというか、泥まみれになって、

まさになりふり構わず「勝ちたい!」って気持ちが前面に出ていましたね!

大感動でしたp(>_<)q

自分もチャレンジ精神を持ってマラソンに向かって行こうと思います!p(^o^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

東京国際&ラグビー(1)

今日の昼から東京国際マラソン&ラグビー日本選手権!

マラソン&ラグビーは冬の日曜の午後の楽しみの一つです(^o^)/

東京国際は結局一度も出場することなく現コースは終了…。

一度はエントリーはしたんですけどね。。。

たしか前年の記録でエントリーできたんだけど、体調が合わずに断念だったかな。

一度はあの坂を経験してみたかったです。たぶん跳ね飛ばされるのでしょうけど(>_<)

来年から大規模な市民マラソンになるとか。

いいことだと思うけど、エントリーの枠を設けて欲しいです。

とりあえず参加標準記録を目指して頑張ってるんで、

福岡国際みたいにAグループは競技場スタート。Bグループは公園スタート。とかって

分けてもらえると、具体的な目標が無くならずにいいかな(^_^;)

数万人規模となると無理な話でしょうけどね。

スタート時間を分けるとか。。。優先的に出場できるとか。。。何かか欲しいですね。

長くなったので、ラグビーはまたにします。。。おやすみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

マラソンの為のスピード練習

マラソンに向けて?のショートインターバル??

距離走とは違うキツさだったけど、

42kのレースの為に400mのインターが必要なのかは疑問。。。

ただ自分の中では、5k・10kのタイムが上がらないとマラソンのタイムも

上がらないって思ってるんで。アリかな?と。

「5k・10kのスピードが・・・」と言う人が多いけど、

5k・10kはスピードってより基本的な走力と解釈してるんで。

まぁ、練習は意味を理解してからやらないと効果は薄いだろうから、

人それぞれ合う合わないって事になんでしょうね。

そういう事で、同じ42kのレースに向けてのアプローチの違いなどなども、

面白いところかもです(^o^)/

ふぅ~っ、酸欠気味で頭が回らないので、もう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)